今年の花粉症は「鼻づまり」(熱証)タイプが多い?

今年は、例年よりも「ひのき」の花粉の飛散量が多いらしいですね。

ご来店されるお客様について、例年は水鼻タイプが多いのですが、今年は「鼻づまり」や「目のかゆみ」を訴える方が多いように感じます。たまたまかもしれませんが。
鼻づまりタイプ(熱証)については、小青竜湯は用いません。花粉症なら小青竜湯と考えておられる方がおられますが、証によって用いる漢方薬がことなるので注意が必要です。
寒証の水鼻タイプでも、小青竜湯は麻黄が含まれているので、「玉屏風散」「かっ香正気散」などを用いることがあります。

なお、目のかゆみにつきましては、新黄綬目薬や五物解毒散や洗肝明目湯といった漢方薬を用います。

↓店内から見たジューンベリー。満開です。