便秘の種類と漢方薬

男女を問わず、(機能性)便秘でお悩みの方は多いですね。
便秘(機能性便秘)の種類で漢方薬を選ぶ必要があります。なんでも瀉下剤を使って強制的に出すということわけではありません。
ドラッグストアで○○漢方便秘薬として売られているものは、大黄甘草湯の生薬量を減らした瀉下剤です。

便秘の種類

便秘の種類を簡単に列挙しました。
けいれん性便秘では、その原因の多くが心因性なので根本的にはそちらの原因を取り除く必要があります。

直腸型便秘 便意を我慢し続けたためにおこる習慣性の便秘。
けいれん性便秘(心因性も) 直腸が刺激を受けても、痙攣をおこし便の通過が悪い便秘
弛緩性便秘 大腸の運動不足・緊張低下が原因で大腸が直腸に達するのに時間がかかるタイプの便秘
なかなか出ないが出れば太い便 出れば太い便がでるが、便意がおこりにくいタイプの便秘
冷えによる便秘 足の冷えにより腸が弛緩するタイプの便秘
便秘薬の飲み過ぎによる便秘 便秘薬(瀉下剤)の飲み過ぎによる便秘

 

用いられる漢方薬

桃核承気湯
桂枝加芍薬湯
桂枝加芍薬大黄湯
麻子仁丸
補中益気湯
当帰芍薬散
五積散
大黄甘草湯
加味逍遙散

便秘をなおすには、食生活や生活習慣の改善が大切です。
毎日、がまんせずにトイレにいく、運動をする、食物繊維を多く含む食事をとるなどです。

漢方薬は症状だけでなく、体質にあわせて選ぶ必要があります。
漢方薬に詳しい薬剤師・登録販売者にご相談ください。