六君子湯(りっくんしとう) 食欲不振、胃腸が弱っている方などに

KAMPOキャラクター、1包煎シリーズ。
六君子湯(りっくんしとう)のご紹介です。

(キャラクター)君子様のイメージ

胃腸虚弱、食欲が無い、空腹感がない方などに用います。
どこも異常がないのに食欲不振というのは機能性ディスペシアとよばれ、よく六君子湯が使われています。

・スーパー六君子湯として、香りが良く、気の巡りを改善し、消化管の余分な水分を除く作用を強めた「香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)」もあり、お客様からも好評です。
ただし、細粒剤のみお取り扱いとなります。
医院で出されたツムラの六君子湯(顆粒)を何ヶ月も飲んだのに効果がなかったにもかかわらず、香砂六君子湯を数回飲んだだけですごく効き、その違いに驚かれた方もおられます。

・他にも食欲不振用の漢方薬は、参苓白朮散、かっ香正気散、加味平胃散、補中益気湯、半夏瀉心湯、半夏厚朴湯などがあり証によって使い分けられます。
夏の一時的な食欲不振には、かっ香正気散があっているケースが多いですね。

処方

【脾気虚、痰湿】
●胃腸が弱く疲れやすい、朝起きにくい方
●慢性の病気で体力不足気味の方
●機能性ディスペシアに
●胃食道逆流症に

効能・効果

体力中等度以下で、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血症で手足が冷え
やすいものの、次の諸症:胃炎、胃腸虚弱、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐

生薬の構成

人参(ニンジン)、白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、甘草(カンゾウ)胃腸の消化吸収機能を高めて、体力や気力を増強する
陳皮(チンピ)、半夏(ハンゲ)胃腸の蠕動運動をよくして水滞を除く
生姜(ショウキョウ)、大棗(タイソウ)補助

煎じ薬の味・香り

■飲みやすさ=まろやかな甘味であっさりと飲みやすい
・甘味 2
・酸味 0
・苦味 0
・渋み 1
(0-5の評価。数字が大きいほど強い。数字はタキザワ漢方廠より参考)

飲みやすい漢方薬です。
ドラッグストアで売っているような生薬量の少ない薄い顆粒剤が効かなかった人も、一度煎じ薬を試されたらいかがでしょうか。

漢方薬は、体質と体調で選ぶ必要があります。
漢方薬に詳しい、薬剤師・登録販売者にご相談ください。