漢方で早めに風邪(カゼ)をふっとばせ!

受験生やビジネスマンなどカゼをひくと大変です。
特に、夜間・休日は心配。そんなとき頼りになるのが漢方薬。
漢方薬は効くのに日を要しそうなイメージを持たれる方が多いですが、症状にあえば速やかに効きます。
常備しておき、風邪のひき始めから飲み始めて、早くカゼをやっつけましょう。

16-1208-1

まずは、お薬選びから。
風邪は外から邪がやってきて、ひくものです。
タイプによって、用いる漢方薬が変わってきます。
大きくわけて2タイプあります。

まずは、温病タイプ。
16-1208-03
緑の破線の水準が、体調のよい状態。
そこに、外から「風熱邪」(斜線入りで実熱と書いている部分)が入り込んだカゼで、主としてのどの痛みから始まります。
近年は、冬でも暖房が行き届いて乾燥いるからか、こちらのタイプが増えていますね。
そして、この実熱と書いている部分を取り除けば、カゼがなおるというあんばいです。
症状はというと、ノドの痛み(咳)。このタイプには金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)がおすすめ。
のどから始まる風邪の初期用。1-2回の服用で良く効くので、驚かれる方が多いです。
のどの痛み等は早期におさまるのが大半で、そのままなおればOK、鼻水症状に移行したら小青竜湯などにスイッチでしょうか。

 

次に、傷寒タイプ
16-1208-02

こちらは、外から陰邪がはいりこんだ状態(実寒の部分)。
いわゆる寒気(=ゾクゾク寒気)から始まるかぜ。この部分を取り除く必要があります。
使いやすいのは、柴葛解肌湯(さいかつげきとう)
かぜのひき始めから後期まで幅広く使えます。それで治らない場合、お医者様に診てもらいましょう。

かぜには葛根湯とか言われていますが、葛根湯(麻黄湯も)はこのタイプの超初期限定
汗をかくまで(手の甲や首筋がしっとりする程度)の使用で、それ以降は使いません。
かぜかもしれないという段階で飲む必要があります。
常に常備しておき、かぜかなと思った段階に飲んで温めて汗をだしていくこととなります。
生薬量が多く、効きがシャープな煎じ薬がおすすめです。

いきなり高熱が出るインフルエンザは、まず病院・医院に行くのが基本。
ですが、当初はインフルエンザかどうかわからないですので、この柴葛解肌湯を用います。
国内で38万人の死者を出したスペイン風邪(当時の新型インフルエンザ)のときに、この柴葛解肌湯を使った先生のところは死者ゼロという逸話があります。麻黄湯はシャープに効く漢方薬については、タイミングを間違えると脱水症状を起こすのでおすすめできません。

■カゼへの漢方薬例

金鈴感冒錠(きんれいかんぼうじょう) ノドの痛みから始まるカゼに
柴葛解肌湯(さいかつげきとう) ゾクッとした寒気から始まるカゼやインフルエンザの初期から後期まで
葛根湯(かっこんとう) ゾクッとした寒気から始まるカゼの初期(発症後半日~1日程度)。消化器症状に効果が弱い。
柴胡桂枝湯(さいこけいしとう) カゼの中後期に。上部消化器系にも効果。
藿香正気散(かっこうしょうきさん) 胃腸型の風邪に(夏カゼでは胃腸症状が起こりやすい)
感染性胃腸炎には、板藍根エキスを併用するとよい。鼻水にも効果。
小青竜湯(しょうせいりゅうとう) 水のようなサラサラとした鼻水、痰や咳が多く出る風邪に
小青竜湯合麻杏甘石湯(しょうせいりゅうとうごうまきょうかんせきとう) 漢方の咳止め薬
竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう) いつまでも残るしつこい咳に
麦門冬湯(ばくもんどうとう) ノドが乾燥して出る咳に
地竜(じりゅう) 熱冷まし(お子様から大人まで)

日本では健康食品扱いだが、板藍根も用いられる

■カゼの予防
玉屏風散(衛気虚の方)
補中益気湯(脾気虚の方)

板藍根(健康食品扱) 

予防には、日常的に板藍根などを用い、ノドが痛くなりそうな時に少量の金鈴感冒錠を飲むのがおすすめ。
私を含めて、このやり方で一冬カゼをこじらせなかった方が多数おられます。

漢方薬は症状だけでなく、体質を見てお薬を選ぶ必要がありますし効果に個人差があります。
漢方薬に詳しい薬剤師・登録販売者にご相談ください。