お肌と漢方-1(湿疹) お悩み別漢方

漢方薬を使った治療は、標治法と本治法にわかれます。

■標治法 現れている症状に対して治療
■本治法 皮膚病変を引き起こしている全身のアンバランスを正す

まず、当面のつらい症状をおさえる必要があり、当店では効きのよい煎じ薬をおすすめしています。

注意点
・難治性皮膚疾患といった西洋医学で治療が難しいものは、漢方でも難しい→ステロイド外用薬、抗アレルギー薬の使用
・漢方治療に加え、食事内容や生活習慣の改善が必要です。

湿疹、アトピー性皮膚炎に使う漢方薬
・消風散(しょうふうさん)
・十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
・白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)
・温清飲(うんせいいん):15歳以上
・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
・当帰飲子(とうきいんし)
・補中益気湯(ほちゅうえっきとう):基本的に子供の体質改善
・通導散(つうどうさん):大人の体質改善
・神仙太乙膏(しんせんたいつこう)=塗り薬

※温清飲は、15歳未満の人には使用できません(含まれている生薬が少ないもの除く)