頭痛、肩こり+イライラは血の道症(含む更年期障害)の可能性大

頭痛、肩こり+なんとなくイライラするという女性のお客様が多いですね。
血の道症の可能性が大きいです。

16-1123-1

■血の道症とは
月経、妊娠、出産、産後、更年期障害など女性ホルモンの変動に伴って現れる精神神経症状および身体症状のこと。

■血の道症の身体症状
頭重、頭痛、肩こり、腰痛、めまい、ふらつき、疲れやすい、だるい、にきび、ふきでもの、のぼせ(ホットフラッシュ)、腰や手足の冷え

■血の道症の精神神経症状
不眠、不安、イライラ

血の道症には漢方薬がよく効きますが、症状だけでなく体質にあわせてお薬を選ぶことが大切です。
ツムラの当帰芍薬散を飲み続けているが、効いている気がしないというのをよく聞きます。多くの医院が西洋薬と同じように、病名で漢方薬を選ぶ病名漢方を実践しているからといのが一因です。舌も見ないで出されたら、まず病名漢方でしょう。

■よく使われる漢方・生薬製剤
温清飲、黄連解毒湯、加味逍遙散料、芎帰調血飲第一加減、桂枝茯苓丸料、桂枝茯苓丸料加よく苡仁、桃核承気湯、女神散、抑肝散、抑肝散加陳皮半夏。あと、保健薬として婦人宝
※体質(証)によって、用いられる漢方薬が変わってきます。

個人差はありますが、いずれも比較的早く効果を実感できます。

漢方薬は症状だけでなく、体質を見てお薬を選ぶ必要がありますし効果に個人差があります。
漢方薬に詳しい薬剤師・登録販売者にご相談ください。

↓どちらかを押すとブログ村に
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 三田(市)情報へ
 にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ