黄連解毒湯:アトピーにも 

黄連解毒湯。
体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめる働きがあります。
(キャラクターは熱や炎症をとるイメージです)
黄連解毒湯は、熱をとる作用があり、煎じ薬も、冷やして飲んでください。
体の虚弱な人には適しません

表面
16-0615-1

裏面
16-0615-2

黄連、黄芩、黄柏、山梔子の4つの生薬は、いずれも熱や炎症をしずめる寒性の生薬です。

炎症をしずめるため、アトピー性皮膚炎に用いられることがあります。
アトピーに使用される場合、ステロイド剤または神仙太乙膏(軟膏)と併用されるのがおすすめです。
ただし、黄連解毒湯は実証・陽証の方むきの商品で、冷えのある方には用いません。

お客様の声
「赤い湿疹ができたので、朝は煎じ薬を、日中は仕事なので粉薬を飲みました。少し続けていると、かゆみと赤みがひいてきました。苦味があり、最初は少しとまどいましたが慣れました。」(男性)
熱と炎症をしずめるので、赤い湿疹にはよく効くようです。

「湿疹のほうは良くなったのですが、これ(黄連解毒湯)を飲むとよく眠れますので(飲み)続けます。飲むと涼しくなるのもいいですね。」(男性)
熱感があって眠れない人にも効くようです。

 

漢方薬は、体質と体調で選ぶ必要があります。
漢方薬に詳しい、薬剤師・登録販売者にご相談ください。