夏バテ・夏カゼを治したい

日本の夏は暑い。
温度も高いですが、湿度も高いので、ついつい冷たいものを飲みすぎたり、冷房をいれすぎたりして夏バテになりやすいですね。

夏バテを予防するような生活スタイルの実践が望ましいわけですが、夏バテになってしまってからは、その解消に漢方薬がよく効きます。

 

上手に夏バテを予防

●冷房温度を高めに設定する。
 室内外の温度差が大きいと身体に負担がかかります。
●扇風機やうちわの利用。体感温度を下げます。
 エアコンと併用がおすすめ(その場合、直接身体に風があたらないようにします)。
●就寝の際は、扇風機や自然の風で。
 扇風機はリズムとかの自然風モードで。
●冷たい飲み物をがぶがぶ飲まない。
 胃腸を冷やしすぎると、消化機能の低下をまねきます。自然界の冷たい水=井戸水は15度。冷蔵庫の水は2度くらいで、そのまま飲むと本来は冷えすぎ。
●タンパク質、ミネラル、ビタミンの摂取。
 これらをバランスよく摂ることで、夏バテ予防に

漢方薬の活用 疲労倦怠感、食欲不振、夏カゼ

疲れ・だるさ
●補中益気湯(ほちゅうえっきとう)/清暑益気湯(せいしょえっきとう)
 ・手足がだるい
 ・食欲が乏しい
 ・寝汗が多い

 食欲不振
●香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)
・空腹感がない、食べなくても平気などの食欲不振
・胃がチャポチャポする

●藿香正気散(かっこうしょうきさん)
・冷たい飲食物などの摂りすぎによる食欲不振
・水あたり、食あたり、寝冷えなどによる下痢
・夏カゼに(感染性胃腸炎には板藍根エキスを併用)
 ※夏カゼは、初期でも葛根湯タイプでないケースが大半です。

●半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
・脂っこいもの/刺激物の摂りすぎ、飲酒などによる食欲不振
・おしっこの色が濃い

※医院でだされた補中益気湯や六君子湯を飲み続けても全く効かなかったと言われるお客様が非常に多いです(ほぼツムラ製)。
そういう方は一度煎じ薬をお試しください。かなり違うのが実感できると思います。

漢方薬は症状だけでなく、体質を見てお薬を選ぶ必要があります。
漢方薬に詳しい、薬剤師・登録販売者にご相談ください。