頭痛 体質にあえば漢方薬がよく効きます

15歳以上の日本人のうち、3人に1人は頭痛もちと言われています。
特にに明確な病気があるわけではないのに繰り返し起こる頭痛を機能性頭痛(一時性頭痛)といい、
代表的なものに、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛(数は少ない)があります。
人数比では、女性>>男性 緊張型頭痛>>片頭痛。
なお、ハンマーで殴られたような痛みがあるような頭痛は症候性頭痛(二次性頭痛)の可能性があり、くも膜下出血など危険なものもありますので、早期に病院での検査が必要があります。

頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することでおきるのが「緊張型頭痛」
精神的なストレスや長時間のデスクワークなど同じ姿勢を続けたことによって、血行が悪くなり首や頭の筋肉が緊張してしまうことで起こります。
症状は、後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような重苦しい痛みです。
温めたり、首・肩付近をマッサージをするとラクになることがあります。
首筋中心に肩こりがあるケースが目立ちます。

脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」
ストレスや疲労の他、女性に多いことから、女性ホルモンが何らかの形で関わっていると見られています。
症状は、「ズキン、ズキン」と波打つような強い痛みで、光や音に敏感になったり吐き気などを伴います。
温めたり動かしたりすると症状が悪化します。痛む部分を冷やし休息するのがおすすめです。

用いられる漢方薬

漢方薬治療を積極的におこなってよいものは機能性頭痛で、主なものは下のとおりとなります。症状と体質にあわせて選択します。

頭痛全般
清上けん痛湯 (せいじょうけんつうとう) 一切の頭痛を治す名方と言われ、頭痛のファーストチョイス。ただし、徐々に改善していくものです。

激しく痛む固定頭痛
冠心二号方(かんしんにごうほう) 瘀血を取り除く処方。刺すような固定痛に。肩こり、腰痛、高血圧、生活習慣病が気になる方に。月経にともなう頭痛にも。

重苦しい頭痛
五苓散料煎薬(ごれいさんりょう) 水分代謝異常による頭が重く締め付けられる頭痛。煎じ薬がよく効きます。

肩こりを伴う頭痛
葛根湯煎薬 首筋中心の肩こりからくる頭痛によく効きます(但し煎じ薬)。

ストレスなどが原因による頭痛
釣藤散(ちょうとうさん) 両側部が激しく痛み、眩暈や耳鳴り、のぼせ、心煩や不眠などを伴う場合に適します。起床時の頭痛や高血圧に良く用いられる。
加味逍遙散料(かみしょうようさんりょう) ストレスが非常に強い方に

冷えで誘発される頭痛
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしゃぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

月経(女性ホルモンの変動)と関係した頭痛
冠心二号方、きゅう帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、婦人宝、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散料(かみしょうようさんりょう)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
月経時の片頭痛は、血虚やお血を改善していくとよくなるケースが多いです。

気虚(疲労倦怠感、無力感、 食欲不振など)で頭が重い
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

腎虚(腰膝の痛み、排尿異常、精力減退など)で頭が重い
八味地黄丸料(はちみじおうがんりょう)

大半は体質改善または頭痛になりそうな前に服用するものですが、発作時に服用すると劇的に改善するものもあります。

症例

頭痛がおきている際には、効きのシャープな煎じ薬がおすすめ。
(タキザワ漢方によると、煎じは顆粒の概ね2-3倍の薬効。さらにドラッグストアで売っている漢方薬の2倍の生薬量。逆に言うと、ドラッグストアの漢方薬は、煎じの4分の1から6分の1ぐらい程度の効き)

(症例1)30代女性/片頭痛
・ときおりはげしい片頭痛がおきていて困られていた。
・頭痛がひどい際、出勤時間をずらしてご来店。五苓散料(煎じ薬)を1杯服用。
・ご来店時には非常に辛そうな状況だったが、熱い煎じ薬を冷ましながら飲んでいる途中で頭痛が解消し大喜びに。
(その後、五苓散料煎薬を常備薬としてご購入いただいています)
※このように店内で五苓散料煎薬を飲まれ、直後に良くなったお客様が多数おられます。

(症例2)40代女性/緊張型頭痛
・長時間下を向いて仕事をしているので、首筋の凝りをともなう慢性の頭痛が続いていた。
・マッサージでもみほぐしてもらっても、直後以外改善せず、お医者様で出された葛根湯(顆粒)も全く効かなかった。
・ご来店時に、葛根湯(煎じ薬)を飲んでいただき、もう1杯を帰宅後に服用。
・たった2杯で効くとは半信半疑だったそうですが、すっかり頭痛がなくなられた。
(その後、他の症状もあるので体質改善で、きゅう帰調血飲第一加減を飲んでいただいています)

KAMPOペンギン堂では、煎じ薬、細粒とも1包から販売しています。
症状があらわれた際、ご来店・1杯から服用いただけます。

 

漢方薬は症状だけでなく、体質を見てお薬を選ぶ必要があります。
漢方薬に詳しい薬剤師・登録販売者にご相談ください。