不眠を改善したい ~漢方薬で

日本人男女の約5人に1人が不眠症。
「睡眠で休養が取れていない」「何らかの不眠がある」という訴えです。

睡眠時間が短ければ不眠症というわけではなく、
不眠症は、「睡眠によって十分な体力の回復を伴わずに日常生活に支障をきたしている状態」と言えます。

当店に来店されるお客様も、不眠を訴える方が非常に多い状況で、睡眠薬を常用されている方が結構おられます。

睡眠薬には依存性の問題ありますし、ドラッグストアで販売されている睡眠改善薬は抗ヒスタミン剤というのが実態ですので、漢方薬にたどりつく方が多くおられます。

不眠の4タイプ

入眠障害 布団に入っても寝付くことができない
中途覚醒 眠りついたにもかかわらず、頻繁に目が覚めてしまう
熟眠障害 眠りが浅く、すぐに目が覚めてしまう
神経質な人や老人に多い
早朝覚醒 朝早く目が覚めてしまい、その後に眠ることができない

これらの症状は、複数あらわれることがあります。

不眠の主な原因

1、身体の不調 咳や喘息、あるいは熱やかゆみなど体調の崩れや⾝体的不快が原因によって生じる不眠。

2、環境の変化 旅⾏で時差のため眠れなくなったり、枕が変わって眠れなくなるなど環境の変化が原因となって生じる不眠。暑さや騒音、明るさなどの影響で眠れなくなってしまうこともある。

3、心の病気が原因 精神的ストレスがさらに⼤きくなり、精神疾患が原因で生じる不眠。

4、薬理学的要因 薬の副作⽤やアルコール、カフェインの摂取が原因で生じる不眠。

不眠症への日常対策

生活リズムを正す=早寝早起きをして、生活リズムをつくる

興奮状態を避ける=寝る前のスポーツの試合観戦などの鑑賞を避ける

適度な運動をする=ウオーキングなどの有酸素運動をする

カフェイン・飲酒を控える=カフェインは興奮神経を興奮させ、飲酒はかえって眠りが浅くなり早朝覚醒につながる

日光にあたる=特に午前中から昼間に日光を浴び、セロトニンを増やす

リラックス=ハーブやリラックスする音楽は副交感神経を優位にし睡眠につながる

不眠に用いられる漢方薬

いわゆる睡眠薬とはことなり、漢方薬には直接睡眠を誘導する作用はありません。
漢方薬がその作用によって不眠の原因を取り除いてゆき、結果的に自然に眠りにつけるようにしていくものです。したがって体質によって、用いる薬が違います。
体質にあえば、眠れるようになります。実際、よく眠れるようになったというお話をよくお聞きします。

問題は、現在ベンゾジアゼピン系の睡眠薬や抗不安薬を飲んでおられる方。
これらの薬から離脱しながらですので、それなりの日程を要します。
特に、長期間飲まれている方が問題です。
2017年3月に、この手の睡眠薬・抗不安薬の使用に関して厚生労働省通達がでています。

酸棗仁湯(さんそうにんとう)
心身が疲労して眠れない。眠っても夢ばかりを見ている。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
熱による興奮やのぼせで、イライラして眠れない。

抑肝散(よくかんさん)・抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
ストレスを発散できずに、イライラして神経が高ぶり、眠れない。
子供の夜泣き・不眠にも多く用いられる。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
不安症状から喉が詰まった 感じがあり、眠れない

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
みぞおちのつえ感、食欲不振、下痢などで、眠れない

加味逍遥散(かみしょうようさん)・逍遥散(しょうようさん)
神経を使い過ぎた結果、疲れて何となくイライラし眠れない。
(更年期を中心に)女性に多く用いられる。 ※使い分けに注意

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
精神疲労が強く、イライラもあるが不安感があり、眠れない。

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
虚弱な体質で、神経過敏によるイライラ、不安、動悸で眠れない。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
心身の緊張が強くなり、気持ちが落ち着かず眠れない。少し神経質で冷え性。

加味帰牌湯(かみきひとう)
胃腸虚弱で、抑うつ気分 や悲哀感があり、眠れない。

この他、きゅう帰調血飲第一加減(一貫堂)は効能に不眠と書かれて無いものの、飲み始めてから数日でよく眠れるようになるケースが目立ちます。

不眠でお悩みの方は、お気軽にKAMPOペンギン堂にご相談ください。

漢方薬は症状だけでなく、体質を見てお薬を選ぶ必要があります。