花粉症・蓄膿症などのアレルギー性鼻炎や目のかゆみに効く漢方

春は花粉症でお悩みの方が多いですね。

環境省データ(関西地区)によると、
スギ花粉は2月初めから多くなり、ピークは2月中旬から3月1杯、ヒノキ花粉は3月中旬から4月一杯です。

(環境省HPより)

西洋薬では主に抗ヒスタミン剤(アレグラなど)が用いられますが、抗ヒスタミン剤を使いたくない方や、連用等で効きが弱くなってきた方は漢方薬を試されてはいかがでしょうか。

ここでは、つらい鼻炎である花粉症、蓄膿症(副鼻腔炎)に用いられる漢方薬をまとめました。
漢方薬は本治(体質改善して治す)が持ち味ですが、症状が出ている時期は標治(前面に出ている症状改善)が主になります。

花粉症で漢方となると小青竜湯と思われていますが、症状・体質で異なります。

1、主にくしゃみ・鼻水だらだらタイプ

かっ香正気散(かっこうしょうきさん)
水様性鼻汁(鼻水ズルズルタイプ)に。胃腸が弱い方にもお使いいただけます。
このタイプであれば、熱証・寒証問わず用いることができます。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
くしゃみ/水様性鼻汁/鼻粘膜のむくみによる鼻づまりに用いられます。

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
小青竜湯同様の症状で、手足が冷たい人に(小青竜湯と合方する場合もある)

2、主に鼻づまりタイプ

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)
 鼻づまり/ドロドロの鼻汁がでる/頭痛・頭重がある

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)
 鼻の熱感と疼痛(より炎症が強い場合)/鼻づまり/ドロドロの鼻汁がでる

3、花粉症やPM2.5で目が充血・かゆい

洗肝明目湯(しょうせいりゅうとう)
充血などの目の炎症性症状に用いられます。

五物解毒散料(ごもつげどくさんりょう)
清熱解毒、消腫排膿作用があり、花粉症の時期は目のかゆみに。
PM2.5による目のかゆみで使用されているお客様からも好評です。

4、アレルギー体質(解毒体質)で慢性鼻炎

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
皮膚がかさかさ浅黒く炎症をおこしやすい人に/慢性鼻炎/蓄膿症/アトピー性皮膚炎の体質改善薬。

玉屏風散(ぎょくへいふうさん)
衛気(免疫力)不足に
(補中益気湯も用いられます)

荊芥連翹湯や玉屏風散は、花粉症の症状発作時に即効するわけではありません。

一般的に、花粉症には小青竜湯がよく用いられますが、鼻水ズルズルタイプにはかっ香正気散がおすすめです。

 

漢方薬は症状だけでなく、体質を見てお薬を選ぶ必要がありますし、効果に個人差があります。
漢方薬に詳しい薬剤師・登録販売者にご相談ください。