ペンギン通信8月号

▼夏の漢方
8月に入り暑い日が続いています。1年で最も体力を消耗する季節です。
現在でも食欲不振、消化不良などのお客様が増加しています。さらにこれからは、夏バテの方も増えることが予想されます。

○食養生
体の熱を冷ます食品として、ナス・キュウリ・トマト・スイカ・シジミ・アサリ・豆腐などがあります。
胃腸が弱っている場合には、大豆などの豆類、里芋などのいも類、しいたけなどのきのこ類などがあります。

○よく用いる漢方薬など
・食欲不振、消化不良=健胃顆粒
・食べすぎ、飲みすぎ=晶三仙
・急性の下痢=勝湿顆粒(感染性の場合は板藍茶を併用)
・夏バテ、疲労倦怠=麦味参顆粒、補中益気湯煎薬
・寝汗=衛益顆粒

実際にご購入の歳には、ご相談ください。

(ペンギン堂LINE公式で配信したものを、抜粋して掲載しています)