【Q&A】尿路結石におすすめの漢方薬はありますか?

■ご質問

(尿路)結石は、再発しやすいと聞いています。おすすめの漢方薬はどんなものがありますでしょうか?

■回答

尿路結石とは、腎臓から尿道までの尿路に結石と呼ばれる石ができる病気で、症状としては、突然の激しい痛みや血尿です。
結石がある部位により、腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石に分類されます。

男性の7人に1人、女性の15人に1人が一生のうち一度は尿路結石にかかるとされています。再発率は高く5年で20%・20年で80%とされています。
若いころは、水分をたくさん摂り、たくさんの小便が出ていた方が、水分代謝が少し遅れてきて石が発生します。

漢方薬では、疼痛時には、猪苓湯+芍薬甘草湯が、体質改善用には一貫堂竜胆瀉肝湯などが用いられています。
※竜胆瀉肝湯と一貫堂竜胆瀉肝湯は名前が同じでも生薬構成が大きく異なるので注意が必要です。

また、民間薬としてウラジロガシがよく用いられていおり、これにレンセンソウを加えたがさらによいとされています。
これらをあわせて煎じて服用するのもよいですが、長続きさせるのには少し面倒です。ウラジロガシ+レンセンソウは石流茶としてエキス細粒で製品化されていますので、そちらを用いるのがよいと思います。一応、健康食品としての位置づけとなりますが、実際にはかなりの効果をあげます。

 

養生としましては、まず水分をよくとること、シュウ酸が多く含まれている食品を摂りすぎないことなどがあります。
シュウ酸が多くふくまれている食品は、ホウレンソウ、タケノコ、さつまいも、レタス、ブロッコリー、ナス、紅茶、チョコレートなどです。

 

尿路結石でお悩みの方、KAMPOペンギン堂までご相談ください