【Q&A】高血圧症に用いられる漢方薬はありますか?

■ご質問

健康診断で高血圧と指摘されました。漢方薬で血圧を下げる薬はあるのでしょうか?

■回答

上の血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、下の血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上」が高血圧と言われています。
高血圧を放置すると、心臓や血管に障害をもたらし心筋梗塞や脳卒中などになるリスクが高まります。
重度の高血圧症の場合、血圧を強力に下げる西洋薬の降圧剤を用います。

 

(1)高血圧そのものにほとんど自覚症状が無いため(血圧計も無かったですし)、元々それを目的とした漢方薬(日本漢方)はありません。
ただし、早朝時の頭痛などの高血圧の随伴するような症状を改善する漢方薬が、脳血管障害や高血圧に応用され用いられるようになっています。

用いられる漢方薬(日本漢方)
釣藤散(ちょうとうさん)
七物降下湯(しちもつこうかとう)

いずれも、血圧降下作用がある釣藤鈎が含まれています。ただし、釣藤鈎は熱に弱いにもかかわらず、生成時によく熱をかける一般的なエキス顆粒は効き目に難があると考えられます。

 

(2)使いやすいのは、中国医学と現代医学を折衷させて心臓病治療用に開発された中成薬の冠心二号方となります。

用いられる中成薬(中国の生薬製剤)
冠心二号方(かんしんにごうほう)

高血圧治療のファーストチョイスが冠心二号方。1970年代に中医学と西洋医学をあわせて開発されたものです。
血管拡張作用があり、さら血液さらさら作用があるため高脂血症・動脈硬化の予防にも用いられます。数社からそれをベースに製剤化されたものが発売されています。
丹参が主薬の中成薬で、活血化瘀+理気作用などがあります。
西洋薬に代わる降圧剤として用いられることが多く、西洋薬の降圧剤との併用も可です。

ご質問のように、検診で高血圧を指摘されて西洋薬を服用したくないという方にはピッタリです。
健康診断の1ヶ月ほど前に、高血圧・コレステロール(高脂血症)・体重(体脂肪)を急に気にされてご来店される方もおられますが、他の漢方薬とセットで用いることもあります。

(3)生活習慣の改善も重要です。

高血圧の改善には、生活習慣の改善も重要です。以下、国立循環器病研究センターのHPより抜粋しました。

・塩分制限
・肥満の是正
・節酒はほどほどに
・適度の運動
・カリウム、カルシウム、マグネシウムや食物繊維を多くとる
・ストレスを避ける
・禁煙、低脂肪食