ナス収穫 ナスは夏の暑さをやわらげてくれます

KAMPOペンギン堂の玉置です。

本日は梅雨に中休み。ただ、蒸し暑いですね。

自宅菜園では、夏野菜の収穫時期をむかえてますが、今年初物として「長なす(タキイの庄屋大長)」を収穫。

長なすは、焼きなすして食べるのがおすすめ。我が家では毎年この庄屋大長(接木)を選んでます。家庭菜園をされる際には、銘柄も選ぶといいですよ。ちなみに、ナスは接木のほうが断然収穫できます。

ナスは肥料をたくさん必要とするので、元肥として油かすをかなりしこんでます。

ナスは「涼性」なので、夏の暑さをやわらげてくれますし、のぼせ、のどの渇き、イライラなどの熱からくる諸症状の改善が期待できます。

他にも、消化不良や食欲改善、むくみの改善なども期待できます。ですから、夏にピッタリの野菜といえます。

ただ、ナスだけでなくキュウリ、トマトなどの夏野菜と一緒に食べすぎると胃を冷やしますので、食べ過ぎには注意ですね。

現在、なすが次々に出来てくるのですが、8月に入ると更新剪定し秋ナスの収穫を目指していくことになります。

秋ナスには、ちょっと肥料が心配ですけどね。

ちなみにナス科には、トマト・ピーマン・じゃがいもなどがあり、連作に注意する必要があります。なんか、家庭菜園ブログみたいになってますね。