まだまだ梅雨が続きそう。痰湿タイプの人は要注意ですね。

KAMPOペンギン堂の玉置です。

さきほどウエザーニュースで三田地方の週間天気をみていたら、この1週間お日様マークなし。

まだまだ梅雨が続きそうです。去年は豪雨でしたが、今年は今の所はしとしと降りです。案外降ってないので、青野ダムの貯水率は71.3%(2019.7.8現在)です。まだ梅雨は続くのでもう少し回復するとは思います。

この時期、湿をためこみやすい「痰湿:たんしつ」(水滞)タイプの人は、湿度が高い梅雨時期や低気圧が近づいたときに、頭重やめまい・肩こり、体がだるいなどの症状がでやすくなります。

梅雨のこの時期に、このような症状が増える肩は痰湿タイプである可能性があります。このタイプの人は、胃腸が弱ているケースが多いです。舌は、ネバネバした感じがあります。

養生としましては、脂質や糖質を控えて野菜を多く食べることや、スポーツなどで汗をかいて老廃物を外にだすことなどです。

また、水分のとりすぎ(特に冷たいもの)にも注意が必要です。

よく使う漢方薬としては、温胆湯(うんたんとう)でしょうか。