カゼをひいたあとの諸症状にも漢方を

KAMPOペンギン堂の玉置です。

昨日、カゼの後の症状が「1日で治りました」と喜ばれてご来店されました。漢方薬がこれほど効くとは思われていなかったそうです。

カゼの後、後鼻漏があり咳がおさまらないというもので、医院から処方された薬(西洋薬・漢方薬)をいろいろ飲まれていたのですが、1ヶ月経っても症状がおさまらないというものでした。

鼻水は鼻と喉の両方に落ちており、当然鼻のほうに多く落ちているわけですが、喉に落ちる割合が多くなるものを後鼻漏(こうびろう)と呼びます。

この後鼻漏がねばねばしていると、ねばねばした痰となり咳がでやすくなります。

このような場合、たんに咳止めの薬を飲んでもなかなか治らないケースが多くなります。

ということで、ねばねば感をおさえ、咳をおさえる漢方薬3日分で様子をみることを提案しました。3日分ということで半信半疑だったようですが、実際それ以内に症状が治りました。

カゼの後の症状もいろいろあります。その人の症状にあった漢方薬を選ぶこと、同じ名称の漢方薬でもよく効く商品を選ぶこと。この2つがぴったりあうと、即効性があるものです。

ただ、カゼは引いてからより予防が大切。うがい・手洗いに加え板藍茶・板藍のど飴がおすすめです。