カゼ

受験生やビジネスマンなどカゼをひくと大変です。
特に、夜間・休日は心配。そんなとき頼りになるのが漢方薬。
漢方薬は効くのに日を要しそうなイメージを持たれる方が多いですが、症状にあえば速やかに効きます。
常備しておき、風邪のひき始めから飲み始めて、早くカゼをやっつけましょう。

16-1208-1

まずは、お薬選びから。
風邪は外から邪がやってきて、ひくものです。
タイプによって、用いる漢方薬が変わってきます。
大きくわけて2タイプあります。

まずは、温病タイプ。
16-1208-03
緑の破線の水準が、体調のよい状態。
そこに、外から「風熱邪」(斜線入りで実熱と書いている部分)が入り込んだカゼで、主としてのどの痛みから始まります。
近年は、冬でも暖房が行き届いて乾燥いるからか、こちらのタイプが増えていますね。
そして、この実熱と書いている部分を取り除けば、カゼがなおるというあんばいです。
症状はというと、ノドの痛み(咳)。このタイプには天津感冒片(てんしんかんぼうへん)がおすすめ。
のどから始まる風邪の初期用。1-2回の服用で良く効くので、驚かれる方が多いです。
のどの痛み等は早期におさまるのが大半で、そのままなおればOK、鼻水症状に移行したら小青竜湯などにスイッチでしょうか。

 

次に、傷寒タイプ
16-1208-02

こちらは、外から陰邪がはいりこんだ状態(実寒の部分)。
いわゆる寒気(=ゾクゾク寒気)から始まるかぜ。この部分を取り除く必要があります。
使いやすいのは、柴葛解肌湯(さいかつげきとう)
かぜのひき始めから後期まで幅広く使えます。それで治らない場合、お医者様に診てもらいましょう。

かぜには葛根湯とか言われていますが、葛根湯(麻黄湯も)はこのタイプの超初期限定
汗をかくまで(手の甲や首筋がしっとりする程度)の使用で、それ以降は使いません。
かぜかもしれないという段階で飲む必要があります。
常に常備しておき、かぜかなと思った段階に飲んで温めて汗をだしていくこととなります。
生薬量が多く、効きがシャープな煎じ薬がおすすめです。

これに加えて、下痢症状がある胃腸炎(胃腸カゼ)のケースもあります。
この場合、お腹などの余分な湿を取り除くタイプの勝湿顆粒を用います。
冷たいものの飲み過ぎで、お腹をこわしたときにも使えます。
感染性胃腸炎の場合、板藍根を加えての服用です。

いきなり高熱が出るインフルエンザは、まず病院・医院に行くのが基本。
ですが、当初はインフルエンザかどうかわからないですので、この柴葛解肌湯を用います。
国内で38万人の死者を出したスペイン風邪(当時の新型インフルエンザ)のときに、この柴葛解肌湯を使った先生のところは死者ゼロという逸話があります。麻黄湯はシャープに効く漢方薬については、タイミングを間違えると脱水症状を起こすのでおすすめできません。

よく使う漢方薬など

天津感冒片(てんしんかんぼうへん)
柴葛解肌湯(さいかつげきとう)
勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)
葛根湯(かっこんとう)煎薬
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
小青竜湯麻杏甘石湯(しょうせいりゅうとうまきょうかんせきとう)
麻杏止咳顆粒(まきょうしがいかりゅう)
麦門冬湯(ばくもんどうとう)煎薬
竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)
地竜(じりゅう)

■予防
衛益顆粒(えいえきかりゅう)
板藍茶(ばんらんちゃ)、板藍のど飴(ばんらんのどあめ)