キャスターの小倉智昭さん、膀胱がんが肺に・・

今朝から、キャスターの小倉智昭さんに、肺がんが見つかったとかネットなどで騒がれています。

肺がんで、ステージ4だから末期・・とか。

正確に言いますと、尿路上皮癌(膀胱癌)が(血管を伝って)肺に転移したものです。

転移がある癌は、ステージ4ですから間違いないのですが、正確には肺がんではありません。

転移したものは、転移する原発癌の性質をもっています。肺癌の性質ではありません。

 

転移がんですから、通常標準治療としてまず抗がん剤が用いられます。

正確な情報はわかりませんのでなんとも言えませんが、おそらくGC療法(シスプラチンorカルボプラチンとゲムシタビンの組み合わせ)が用いられます。

1・2日目と8日目と15日目あたりに点滴して、1週休みで1ヶ月でワンクール。これを繰り返します。

 

ちなみに、私も膀胱癌(全摘済)で、肺と腎臓(片側)に転移しました。

腎臓は摘出しましたが、肺のほうは抗がん剤で無くなり現在に至っています。

(今でも、転移再発しないかビクビクしてますけど)

 

小倉さんも、早期に肺にある癌がなくなるといいですね。