不妊の原因は男性にも・・

先日、以前不妊で漢方療法をされていたお客様が久しぶりにご来店。
一人目は無事出産。ひきつづき二人目をご希望ということで、漢方薬(煎薬)をお買い求められました。

この方の場合、原因は男性側。体質・症状にあわせた漢方薬を提案・服用していただいていました。

不妊・子宝相談といえば、女性側の問題と捉えられがちですが、男性側原因が案外多いものです。

ざっといえば、
女性側が原因が約4割
男性側が原因が2割余
男女両方が原因が2割余
原因不明が約1割

つまり、不妊の原因の半分近くに男性がかかわっているわけです。

男性の場合、検査等は泌尿器科になるかと思います。

漢方では、体質と不妊の原因とで漢方薬(中薬)を選びます。

相談で多いのは、「(精索静脈瘤で)精子の数が少ない」「精子に元気がない」と、あと仕事で疲れすぎ(過労)いうところでしょうか。

子宝相談で奥様がご来店されることがありますが、念の為ご主人にも来ていただくことがあります。結果、ご主人側にも多少原因があり、夫婦で漢方薬服用してもらうこともあります。

よく用いるものは、至宝三鞭丸、参馬補腎丸、魚鰾剤、補中益気湯煎薬でしょうか。