【Q&A】不正出血に効く漢方薬はありますか?

■ご質問

不正出血が続いていて、婦人科では更年期にともなうものであるとのことでホルモン療法をすすめられました。でも、ちょっと心配です。不正出血に効く漢方薬はありますでしょうか?

■回答

不正性器出血は「器質性出血」と「機能性出血」とにわけられます。
器質性出血は、腫瘍などのはっきりした病気による出血などで、この病気に対しての治療が必要となります。
したがって、不正出血が続く場合はこちらの疑いがありますので、まずは病院での検査をおすすめします。
検査で腫瘍などの病気でないものは、機能性出血ということになります。
機能性出血は、思春期や更年期など卵巣機能の未発達や低下あるいはストレス・不規則な生活などでおこるホルモンバランスの崩れにともなう出血です。こちらには漢方薬の出番です。
実際、ご来店される方は、「婦人科で出されている薬が効かないんですが・・」「ホルモンバランスの崩れが原因なのでホルモン剤をすすめられましたが、漢方でなんとかなりませんか」とかといったものがほとんどです。

不正出血は、(1)お血、(2)気虚(→血虚)、(3)血熱と概ね3パータンとなり、それにあわせた漢方薬を選びます。ただし、出血過多の場合には用いないほうがよいものがあるので、注意が必要です。

主に用いている漢方薬など
1.一貫堂きゅう帰調血飲第一加減
2.強下血散
3.婦宝当帰膠
4.温清飲
5.田三七人参

お客様が想定されているより、早期に改善・ストップするので喜ばれることが多いです。最速は2包でストップした事例もあります。
ただし、不正出血が2~3日でストップ(標治)しても、その元になる体質が改善しているわけではないので、体質改善(本治)をしていくことが重要です。

近々での事例をご紹介いたします。

(事例1)若い女性(お母様に連れられてご来店)
不正出血が続いていて、婦人科で出されているお薬を飲まれているが、おさまらなかったのでお母様のすすめでご来店。
子宮内膜症+子宮筋腫があり、証は気滞+お血。強いお血剤で気滞にもよい「一貫堂きゅう帰調血飲第一加減」を提案し2週間で様子をみてもらうこととした。
2週間後にご来店され、お話をおうかがいすすると2日で出血ストップし、さらに飲み続けていると他の症状もよくなり「いいお薬に出会えた」と大喜び。
このお薬を飲まれていると調子がよいということと、子宮筋腫を小さくしていく作用があるので、しばらく飲んでいただいています。ただし、調子がよくなるとしばらく飲み忘れるとのことです。
※きゅう帰調血飲第一加減は生薬量の多い小太郎漢方製が断然おすすめ。マツウラとそこのOEM(イスクラ)のものは生薬量が小太郎の半分なので注意が必要です。

(事例2)40代女性
更年期症状による不正出血が続いていて、婦人科でホルモン補充療法を考えるように言われた。
思案中、偶然に当店のチラシを目にしたので、漢方が使えるかもということでご来店。
証は、気虚+血虚(気虚は弱い)。
まず、血虚対策として補血するために「当帰芍薬散料(煎じ)」を10日服用。
2回めにご来店時に、四物湯+艾葉+ゼラチン+甘草で止血作用のある「強下血散(原末混合剤)」にスイッチ。
その3日後に電話があり、飲み始めて2日で不正出血はストップしたとのこと。
服用量を大幅に減らし2ヶ月程度服用してもらう。その後、月経後の出血がなくなったので「婦人宝(液剤)」にスイッチし1ヶ月服用。月経不順も不正出血もすっかりおさまったので服用終了。

効果には個人差がありますので、その点留意お願いいたします。