妊娠中の方への漢方薬

妊娠中の方で、カゼ症状があるので葛根湯をお求めにご来店されるお客様がおられます。

そもそも、すべてのカゼ=葛根湯という図式があてはまるわけではありません。
それはさておき、妊娠中の方の安全性という観点からすると葛根湯は禁忌というわけではありませんが、念の為飲むのを避けるべき漢方薬となります。

葛根湯には麻黄がふくまれますが、その麻黄にはエフェドリンが含まれ、胎盤への血流をへらすとされています。葛根湯だけでなく、麻黄湯や麻黄附子細辛湯、五積散、防風通聖散などにも麻黄が含まれています。

この他、瀉下剤である大黄が含まれているもの(桃核承気湯、大黄甘草湯、通導散、防風通聖散など)や、駆お血剤(通導散、芎帰調血飲第一加減、桂枝茯苓丸など)、附子剤(桂枝加苓朮附湯、麻黄附子細辛湯、真武湯など)は妊娠中には避けるべきものです。
それ以外でも、ヨクイニン(ハトムギ)が含まれているものなど避けるべきものがあります。

逆に安胎薬として積極的に活用したいものは、当帰が入った養血薬があげられます。たとえば婦宝当帰膠、当帰芍薬散などです。

いずれにせよ、妊娠中の漢方薬服用については慎重にならざるを得ず、漢方薬局・薬店の専門家に相談をおすすめします。