放射線治療2022年7月~8月

7月初めに、CTで上半身にガンが転移・増殖していないか検査しました。

CT検査は10分余で、痛み等も有りません。ただ、検査結果が嫌なんですよね。

鼠径部にガンがありそうだったので、身構えてましたが、やはり恥骨の上にガンが転移して大きくなっていました。

それが、圧迫されて痛みがあったみたいです。

逆に下腹部にあった怪しげな腫瘤群については、キレイに消えており、先生によればキイトルーダーが効いているとのことです。固形がんについては、点滴が細胞に入らない事があり、場所によってキイトルーダーが効いたり効かなかったりすることがあります。

恥骨上のガンにつきましては、(1)オペで取る、(2)放射線で治療、(3)抗がん剤を使うという3選択肢が先生から提示されましたが、オペは場所的に皮膚の縫い合わせが難しく入院日数がかなりかかること、部分に抗がん剤というのは効率が悪いので、放射線を選択。前回の骨でも効果が有りましたしね。

放射線科に紹介してもらい、骨に引き続き放射線治療を行うこととなりました。

場所的に大腸等に影響がでやすいとのことで、弱めにして回数増やすことになり平日に16回やることに。

毎日、病院行くのは案外ハードですが、治療ですから仕方が無いです。治ればラッキーです。