梅雨明け(7月24日)→暑さを乗り切る

KAMPOペンギン堂、玉置です。

今年(2019年)の近畿地方、梅雨入りが遅かったですが、梅雨明けも遅れて本日(7月24日)梅雨明け宣言がでました。
昨年と違い、雨量が少なく現段階では青野ダムの貯水率も100%に届いていませんね。

梅雨明けすると、本格的な暑さが訪れます。

暑さを乗り切るには水分やミネラルをたっぷりとること、夏野菜(ナス、キュウリ、トマト、スイカなど)を食べることがおすすめです。脱水状態にならないようにしましょう。ちなみに、スイカは果物ではなくキュウリと同じウリ科の野菜です(分類上ですが)。

ここで要注意なのが、ビール。
ビールは水分補給をしているようで、むしろ失います。ビールは利尿作用が強く、水分がおしっこにでてしまうからです。ビールを1リットルのむと、おしっこが1.1リットルでるとされています。

漢方薬(中国漢方)では、「麦味参顆粒」がおすすめ。水分を効率よく細胞にとりこんでくれる上、エネルギーを補ってくれます。前もってスポーツドリンクなどにいれておくと、あとの疲労感が違います。麦味参顆粒は夏バテにも強い味方になってくれるので、夏~秋に特におすすめです。