寒暖差が拡大~「板藍のど飴」の季節

KAMPOペンギン堂の玉置です。

9月も半ば以降になると朝晩が冷えてきます。日中は依然としてそれなりに気温があがりますから、1日の気温差が拡大してきています。

このような状態になると、カゼをひかれる方が増えてきます。

このようなことがあるからか、ご来店されて「板藍のど飴ください」とかメールや電話で「板藍のど飴の在庫ありますか?」「板藍のど飴買いに行いきます」とかというのが増えてきました。

人気商品で、昨年12月にはメーカー在庫が無くなったことをご存知のお客様もおられて、早めの手当をということもあります。このとき、当店も多めに仕入れしてたはずですが、年末には在庫がなくなりました。

喉に違和感が出てきた際に舐めていたので、昨シーズン風邪を引かなかったとお喜びのお客様も多数おられます。

私も、カゼをひかれたお客様の接客後には、こっそりイスクラ板藍のど飴を舐めてました。ということで昨シーズンは板藍のど飴と天津感冒片を使ってカゼをひかずにすみました。

主成分の板藍根には抗菌、抗ウイルス作用があります。カゼやインフルエンザが気になる方むけの商品です。

さらに、板藍のど飴に加えて、生薬量が多い「板藍茶」もございます。

板藍のど飴の価格は、Lサイズ(80粒)で税込1944円(2019年9月現在)です。

上記商品は軽減税率の対象ですので、消費税を含めた価格は変わりません。