消費税増税とキャッシュレス決済のポイント還元

KAMPOペンギン堂の玉置です。

先週の選挙で、与党が過半数を獲得したため「リーマンショック級」のものがおこらなければ、この10月に消費税が8%から10%にあがります。
ただし、食料品と何故か新聞が8%のままという複数税率になるというわかりにくさがあります。

当店は飲食店ではないですが、健康茶を購入いただいて店舗横で飲めるわけですが、この場合は10%になりそうです。

医薬品が10%にあがり、健康食品は8%というのはどうもねえ~・・。レジ・レシートの表示も10%のと8%とのを分けなければいけないですしややこしいです。

問題なのが、10月から翌年の2020年6月限定のキャッシュレス決済・ポイント還元。

キャッシュレス決済をすると、キャッシュレス決済事業者(たとえばクレカ会社)から最大5%のポイントが還元されるものです。

個人経営や中小企業経営の小売、飲食店など:5%
個人経営や中小企業経営のフランチャイズ(コンビニ、ガソリンスタンドなど):2%

ということで、当店は個人経営の小売店ということで、5%。7月末までに申請しないと10月にまにあわない可能性があるという情報を受けて、私も申請しました。

ただ、薬局(調剤薬局)は、このポイントの対象外。調剤併設の漢方薬局は、保険薬の支払いがメインだろうということで、対象にできないというわけです。もちろんドラッグストアでもチェーン店は対象外。
当店は保険調剤はないので、大丈夫だと思うのですが心配です。
あと、住宅関係や車、電気代、ネット代、医療費なども対象外です。

同じ漢方薬で、5%還元される店舗と全く還元がない店舗がでてきますね。金額が大きいとかなり違います。

なお個人がオーナーのフランチャイズでもポイント還元ができます。コンビニは売上が大きいのでわかりませんが、飲食店とかでは直営や経営が大手ならポイント還元なし、個人経営なら2%還元とわかれそうです。

不明なのが、税込に対してなのか税別に対してなのかです。税別ではクレカのシステムが対応してないですけど。

9月になるかと思いますが、5%で申請が通れば、ホームページでご案内いたします。