消費税増税まであと1ヶ月(2):ポイント還元

KAMPOペンギン堂の玉置です。

前回、増税への準備や軽減税率について書きました。

今回は、はじめて登場する「消費税ポイント還元制度」についてです。

このポイント還元制度とは、消費者が中小店舗で商品やサービスを購入する際に、キャッシュレス決済にて代金を支払った場合に、購入金額の2%または5%分のポイントが付与される制度です。このポイントは例えばクレジットカードの場合、そのカードのポイントで還元されます。

ただし、中小店舗ともいっても、この制度の審査に通ったお店のみとなり、申請していない店も多数あると見られています。

8月29日付けで、加盟店登録申請数が約51万件(経済産業省)となっています。

当店は、7月に登録加盟店申請しましたが、まだ審査中です。加盟店登録されればこのサイトで案内させていただきます。

なお、現時点でKAMPOペンギン堂で使えるキャッシュレス決済方法は、クレジットカード、交通系電子マネー、ID、QuickPAY、LINEPAY、PAYPAY、d払いです。

概要

(1)期間:2019年10月(消費税増税)より9ヶ月

(2)還元率

還元率 対象の店舗 代金支払方法
5% 中小企業や個人が経営する小売店、飲食店など キャッシュレス決済
2% 中小企業や個人が経営コンビニ、飲食店などのフランチャイズ キャッシュレス決済

大手スーパーや量販店は対象外で、中小店舗でも現金支払は対象外です。

(3)還元対象のキャッシュレス決済手段
  ・クレジットカード(VISA、Master、JCBなど)
  ・電子マネー(交通系など/ただしPitapaは対象外)
  ・QR(PAYPAYなど/あだしアリペイは対象外)

(4)ポイント対象外の団体
  ・国、地方公共団体
  ・銀行などの金融機関
  ・学校
  ・医療機関、薬局、介護サービス事業者など

薬局は保険調剤を扱っていますので、対象外。
同じ漢方薬を販売している店舗でも薬局はポイント還元はありません。
当店はドラッグストアで申請しています。