夏でも冷え性 お悩み別漢方

暑い日が続いています。
夏になると体調が悪いと感じられている方、夏の冷え性かもしれません。

この冷え性の原因は、「冷房」。
自律神経の乱れによるものです。
下の図のように、冷房が効いた部屋に長時間いると、血流が悪化し冷えにつながります。

16-0804-1

さらに、この状態が長時間、毎日のように続けると、自律神経がダメージを受け、体温の調節がうまくできなくなります。

頭痛や鼻水、全身のだるさ、食欲不振、肩こり、腰痛、肌荒れ、生理不順などの症状が出てきたりします。

(対策)
1、エアコンの温度設定を高くする。
   28度程度がおすすめです。また、エアコンの気流に直接あたらないようにしましょう
2、運動
特に足先の血流改善を目的として、歩くなどをしましょう。
3、入浴
   お湯につかると、血流が改善します。温度設定は低めがおすすめです。
4、体を冷やさない食事
   エアコンが効いた部屋では、冷たい食事(冷麺など)より暖かいもののほうがおすすめです。
   ショウガ、ねぎ、とうがらし、かぼちゃ、にんにくなどは体を温めます。
5、漢方薬
   漢方薬は冷えを改善するものが多数そろっています。
  ・婦宝当帰膠
  ・冠元顆粒
  ・当帰芍薬散煎薬
  ・桂枝茯苓丸丸剤
  ・加味逍遥散
  ・十全大補湯

 

漢方薬は症状だけでなく、体質を見てお薬を選ぶ必要があります。
KAMPOペンギン堂スタッフにお気軽にご相談ください。

 

トップページへ戻る