漢方治療の考え方-2 「気」「血」「水」

こん○○は、ペンギン店長代理です。

漢方では「気」「血」「水」が体内でバランスよく巡ることで、健康が保たれると考えられます。
これらの量が不足したり、流が滞ったりすると、いろいろな不調がでてくるわけです。

 

漢方考え方 気血水

少し例を書いてみますと

気の異常の場合
・気虚:「気」の量が不足~体力がだるい、食欲がない、気力がない・・
・気逆:「気」の逆流~のぼせ、発汗、動悸、顔面紅潮・・
・気滞:「気」が停滞~頭がぼーっとする、のどのつかえ、朝起きにくい・・

血の異常の場合
・瘀血(おけつ):「血」の巡りが停滞~顔・目の周り・舌の色が悪い、頭痛、月経障害・・
・血虚:「血」の作用の不足~皮膚の乾燥・荒れ・あかぎれ、集中力低下、眼精疲労・・

水の異常の場合
・水滞:「水」が停滞:体が重い、頭痛、めまい、むくみ・・

基本的に、前回の「陰・陽・虚・実」と今回の「気」「血」「水」とで漢方薬を選ぶこととなります。
たとえば、
同じ肩こり症状でも、気滞は「釣藤散」など、瘀血は「桂枝茯苓丸」などとなり、選ぶ漢方薬は異なってきます。

漢方薬は、体質と体調で選ぶ必要があります。KAMPOペンギン堂でお気軽にご相談ください。
KAMPOペンギン堂では、顆粒薬よりよく効く「煎じ薬」を中心に取り扱っています。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 三田(市)情報へ
にほんブログ村