糖尿病は一般的に気陰両虚+オ血

KAMPOペンギン堂の玉置です。

糖尿病(予備軍含む)でお悩みの方も結構おられるかと思います。

糖尿病は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの作用が不足することによる高血糖によりおこる病気です。

基本的に

Ⅰ型(膵臓のβ細胞破壊でインスリン分泌できなくなっている)

Ⅱ型(遺伝的なものに、生活習慣でインスリン分泌できなくなったか、感受性悪化)

の2パターンに分かれますが、大半がⅡ型となります(その他にも遺伝子や妊娠によるものもあります)

 

そのⅡ型ですが、ゆっくり発症して

自覚症状は、口の渇き、多飲、多尿(頻尿)、疲労倦怠感、体重減少、体力低下などとなります。

合併症は、腎症、網膜症、神経障害、狭心症、脳梗塞などです。

 

当店にご相談に来られる時点で、お客様は病院の検査で糖尿病と診断されているケースがほとんど。

たとえば、先日ご相談にご来店されたお客様は、まだ合併症の腎症にまで至らないがそれを遅らせたいというものでした。

夜間頻尿や疲れによる肩の重さなどのお悩みもあり、弁証的には気陰両虚+オ血。

まず少量で試したいとのことでしたので、気陰両虚用で血糖値を下げることが期待される人参や麦門冬とインスリンの分泌を増やすことが期待される五味子がはいっている麦味参顆粒を提案し1週間分ご購入いただきました。

初回は、ご家族のススメで一緒にご来店されたのですが、1週間後の2回めはお一人様でご来店。

1週間服用で、1時間ごとだった夜間頻尿が2-3時間ごとに減少。肩も軽くなられたのでご継続希望。

自覚症状的には即効といえるものです。

なんと肩が軽くなったのは飲み始めたその日からだそうです。うれしい話です。

効果が早すぎるので、治ってきたというよりまずは元気が出てきたというところかもしれません。

 

一般的に糖尿病の方は「気陰両虚」でこれに「オ血阻滞」が加わった形です。

漢方処方はこれに対するものとして麦味参顆粒、冠元顆粒などを用います。

また、合併症を起こしている場合は、それに対しての処方をプラスしていきます。

 

予防も重要です。適度な運動や食事コントロールなど生活習慣病対策と似ていますね。