脊柱菅狭窄症はつらい

KAMPOペンギン堂の玉置です。

一昨日、「脊柱菅狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)に効く漢方薬をください」とわらをもすがる感じでお客様がご来店。

聞けば、知人が当店の漢方薬を飲まれてよくなられたのを受けてとのこと。

ブロック注射やリリカ服用されていたのですが、副作用がありきつい状況。

脊柱菅狭窄症は、字のとおり脊柱管が狭まり神経・血流が悪くなることにより坐骨神経痛やしびれがでるものです。

痛みやしびれがでるので、連続的に歩けなくなります(しばらく休憩すると少し歩ける)。この症状でご来店される皆様非常につらそう。なんとかしたい気持ちはよーくわかります。なんとか早く治っていただきたいのですが、日数がかかります。

ということで、つらい症状をおさえつつ(標治)、症状をでなくしていく(本治)必要があります。

標治・本治両対応させるという処方としておすすめなのが、中成薬「独歩顆粒」。痛みを抑える作用があり、骨と筋肉を強くする生薬が入っています。痛みが酷い場合、他の処方と組み合わせすることもあります。

実は一人で3箱買われるなど箱買いが続いて、一時的に在庫切れを起こしたのですが、本日入荷しました。
お湯に溶いて飲むのがよいです。
脊柱菅狭窄症だけでなく、慢性の膝痛や腰痛にも使えますが、証をみて決める必要があります。

1包無料試し飲みをされたい人は、KAMPOペンギン堂の玉置までお声がけください。