葛根湯はカゼの発汗療法か首筋のコリに

先日、「林先生の今でしょ」とい番組で葛根湯や芍薬甘草湯などの漢方薬が紹介されていました。

それをご覧になって、「冷え性なので、葛根湯を」とか「カゼに備えて葛根湯を」をご所望でご来店されるお客様が来られています。

当店では、基本的にお客様のお話をお伺いしてから、漢方薬をご提案してますので問題ないですが、ドラッグストア店頭や患者の要望のまま漢方薬を処方する医院ですと、葛根湯そのままになっている可能性があります。

ちょっと断定的にいいますと、葛根湯はカゼ薬(総合感冒薬)ではありません。

葛根湯には、咳をおさえる鎮咳薬も痰をおさえる去痰薬も入っていません。消炎解熱も葛根だけで、とても総合感冒薬とはいえません。

では、なぜ「カゼには葛根湯」と呼ばれるかというと、CMで広まったというのはさておき、カゼの初期の一発・発汗療法に用いるからです。

この発汗療法とは、風寒・表証(発熱途上で熱がのぼりきる間にぶるぶる震えるような状態)のとき、発汗させて早めに体温を上昇させ、結果的に症状を軽くさせるものです。
ですから、ぞくぞくするときに、温かい葛根湯を飲んで、布団に入って汗をかかせるという使い方になります。

ですので、温病タイプ(喉の痛みから始まり熱がある)や胃腸カゼには用いませんし、汗をかいてしまったら服用終了です。

漢方の総合感冒薬として使いやすいのは、柴葛解肌湯(さいかつげきとう)か参蘇飲(じんそいん=高齢者用)。喉の痛みから始まるものは天津感冒片(てんしんかんぼうへん)、胃腸カゼならかっ香正気散(かっこうしょうきさん)、熱がひどい場合は地竜(じりゅう)でしょうか。
この他にも予防では、板藍(ばんらん)茶・のど飴や衛益顆粒(えいえきかりゅう)なども用います。

葛根湯はカゼよりも首筋のコリに有効です。葛根湯煎薬+冠元顆粒(かんげんかりゅう)は好評です(葛根湯は初期のみ)。

注意点としては、葛根湯の主成分の一つである麻黄には交感神経を刺激するエフェドリンが含まれていること。
したがって、高齢者は服用しないほうがよいでしょう。また、長期服用もすべきではありません。