葛根湯はカゼ薬(総合感冒薬)ではない!

KAMPOペンギン堂の玉置です。

朝夜が冷えてきて、カゼで漢方薬をお求めになられるお客様が増えてきました。

カゼは主としてウイルスによる気道の炎症であるが、ウイルス性・細菌性の消化器症状があるものもあります。

カゼと言えば「葛根湯」と思っている人もいますが、使う症状や期間が限られていて到底総合感冒薬にはなり得ません。

カゼを引いて熱があるので葛根湯をください

とご来店されるお客様がられます。

「すでに熱があるので葛根湯タイプではありません」

このようにお答えして、代替案を提案することになります。

葛根湯は辛温解表剤で、カゼでは風寒形の初期に汗をかかせるのに使います。

つまり、カゼを引いて、熱があがりきるまでぞくぞくするので、その際にすみやかに汗をかかせるわけです。

そして、布団に入って寝て、早くカゼを治そうというパターンですね。

でも、近年はこのタイプのカゼより喉の痛みから始まるカゼのほうが多いですね。

 

整理すると次のようになります。

風熱型:喉の痛みから始まるカゼ=天津感冒片→初期でなおれば終了、治らなければ柴葛解肌湯にスイッチ

風寒型:ぞくぞくから始まるカゼ=柴葛解肌湯(高齢者は参蘇飲)

胃腸風邪(下痢):勝湿顆粒

長引く咳:竹葉石膏湯または潤肺糖漿

高熱:地竜

ちなみに、高齢者には葛根湯や柴葛解肌湯など麻黄が入っているものは用いません。

 

いずれの漢方薬も効きがよいので、ファンがおられ、結構事前に購入されてますね。

ちなみに、予防には「板藍のど飴」、「板藍茶」。特に板藍のど飴は人気です。

手洗い、うがい、板藍のど飴(板藍茶)で予防を!