不眠症

5人に一人が不眠症

日本人男女の約5人に1人が不眠症。
「睡眠で休養が取れていない」「何らかの不眠がある」という訴えです。

睡眠時間が短ければ不眠症というわけではなく、
不眠症は、「睡眠によって十分な体力の回復を伴わずに日常生活に支障をきたしている状態」と言えます。

当店に来店されるお客様も、不眠を訴える方が非常に多い状況で、睡眠薬を常用されている方が多数おられます。

不眠の4タイプ
入眠障害 布団に入っても寝付くことができない
中途覚醒 眠りついたにもかかわらず、頻繁に目が覚めてしまう
熟眠障害 眠りが浅く、すぐに目が覚めてしまう
神経質な人や老人に多い
早朝覚醒 朝早く目が覚めてしまい、その後に眠ることができない

これらの症状は、複数あらわれることがあります。

不眠の主な原因

1、身体の不調 咳や喘息、あるいは熱やかゆみなど体調の崩れや⾝体的不快が原因によって生じる不眠。
2、環境の変化 旅⾏で時差のため眠れなくなったり、枕が変わって眠れなくなるなど環境の変化が原因となって生じる不眠。暑さや騒音、明るさなどの影響で眠れなくなってしまうこともある。
3、心の病気が原因 精神的ストレスがさらに⼤きくなり、精神疾患が原因で生じる不眠。
4、薬理学的要因 薬の副作⽤やアルコール、カフェインの摂取が原因で生じる不眠。

不眠症への日常対策 鍵は朝食に

夜眠くなるのは、睡眠をつかさどるホルモンである「メラトニン」の働きです。バランスのよい朝食をとれば、約14~16時間後にはこのメラトニンが生成され、タイミングよく眠気が促されると考えられています。
メラトニンの素は、トリプトファンとビタミンB6。トリプトファンは味噌などの大豆製品に、ビタミンB6は魚に多く含まれてます。
朝食にお味噌汁と焼き魚という組み合わせは、なかなか望ましいものです。

これに加えて、午前中に日光にあたる、夜に深部体温を上げる温かい飲み物を飲むなどがおすすめです。

よく使う漢方薬など

いわゆる睡眠導入剤とはことなり、漢方薬には直接睡眠を誘導するものではありません。
漢方薬がその作用によって不眠の原因を取り除いてゆき、結果的に自然に眠りにつけるようにしていくものです。したがって症状・体質によって、用いる薬が異なってきます。
体質にあえば、眠れるようになります。実際、よく眠れるようになったというお話をよくお聞きします。逆にあわなければ効きません。
また睡眠導入剤とちがって、一般的には飲んだその日から眠れるのではなく徐々に効いていきます。ただ、煎じ薬では、飲んだその日から効いたというように、かなりの即効性がある事例も多数あります。

抑肝散(よくかんさん)煎薬
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)煎薬
桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)煎薬
柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)煎薬
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)煎薬
加味逍遙散料(かみしょうようさんりょう)煎薬
酸棗仁湯顆粒(さんそうにんとう)
心脾顆粒(しんぴかりゅう)
温胆湯(うんたんとう)
天王補心丹(てんのうほしんたん)
芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
逍遥顆粒(しょうようかりゅう)
シベリア人参(しべりあにんじん)

問題は、現在ベンゾジアゼピン系の睡眠薬や抗不安薬を飲んでおられる方。
これらの薬は依存性があり、離脱しながらですので、それなりの日程を要します。
2017年3月に、この手の睡眠薬・抗不安薬の使用に関して厚生労働省通達がでています(リンク)

日常生活での対策に加えて、漢方薬の助けを借りて、よりよい眠りで快適な生活を目指しましょう。