更年期

一般的に、女性ホルモンであるエストロゲンは40歳を過ぎる頃から急に減少し始め、50歳を挟んだ前後5年程度を更年期とされています。
更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンの低下がもたらすもので、さまざまな身体的、精神的症状が現れます。
初期の症状は、のぼせ・ほてり・ホットフラッシュなど、進むと不眠・不安などが現れたりします。
このように、更年期障害の症状は、非常に多岐にわたります。

漢方では、更年期障害を腎虚(≒老化)と考えていて、補腎することでそれを緩和させていきます。
また、いろいろな症状の発生について、それに適した漢方薬を用いて元気でいられるようにしていきます。
更年期だからこの漢方薬(ありがちなのは加味逍遙散)、といったことにはなりません。

加味逍遙散の場合、更年期のいろいろな症状が出つつ、気逆でのぼせがあるケースにつかわれます。のぼせでも、瘀血によるものなら駆お血剤、本治用なら補腎剤というように別のものが選択肢となります。のぼせが無い場合、冷やす作用がある山梔子が入った加味逍遙散を使う必要はありません。

当店には、不正出血が止まらない、のぼせが酷い、めまいがある、不眠が続く、継続的に不安感があるなど更年期の様々な悩みを抱えたお客様が相談にご来店されます。
体質・症状にあえば、飲まれたその日から効果を実感できることがあります。

お勧めする漢方薬は症状・体質により違ってきます。KAMPOペンギン堂でご相談下さい。

よく使う漢方薬

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
逍遥丸(しょうようがん)
加味逍遙散(かみしょうようさん)
心脾顆粒(しんぴかりゅう)
天王補心丹(てんのうほしんたん)

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)煎薬
抑肝散(よくかんさん)煎薬

瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)
杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
強下血散(きょうげけつさん)