血管年齢が気になる方~1年に1度は血管内の大掃除を

高血圧でお悩みの方も多いですね。
漢方薬は、直接血圧を下げるものはありませんが、血管内を掃除するものがあります。

部屋などの大掃除もよいですが、血圧が高めの人、総コレステロールが高めの人で血管年齢が気になる方は、血管内の大掃除もおすすめです。
16-1202-1

駆お血剤として、丹参を主薬とする冠心2号方が用いられます。
日本漢方(薬)ではなく、毛沢東主席の心臓病用に開発されたお薬(中医薬)です。

当店では、この冠心2号方を一般薬化した、小太郎漢方の冠元清血飲を取り扱っています。

冠元清血飲/第2類医薬品
●血の巡りが悪くて、痛みやしびれを訴える方に
●頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸に
●生活習慣病に
●お血による諸症状

■主薬丹参の作用:血流を良くする、血圧低下、血栓形成防止、血液粘度低下、血管強化、抗酸化作用

(駆お血剤ですので、血虚の方が使用されるときは、補血などが必要となると思います)

gatag-00003045
1年に1度血管壁にこびりついたコレステロールなどを、掃除してみてはいかがでしょうか。

補助はサプリメントとなりますが、一価不飽和脂肪酸のオメガ3(アルファ・リノレン酸)を摂るのがおすすめ。
青魚、エゴマ油などに含まれているEPA・DHAなどです。
血中のLDL(悪玉コレステロール)を低くし、HDL(善玉コレステロール)を高める働きがあるとされています。

ちなみに、オメガ6(リノール酸)は体内で合成できない必須脂肪酸ですが、摂りすぎるとHDL(善玉コレステロール)も下げるので注意が必要です。コーン油、ひまわり油、アーモンド油、大豆油、ゴマ油などに含まれます。

オメガ9(オレイン酸)は、動脈効果予防によいとされていますが、体内で合成できる脂肪酸で必須脂肪酸ではありません。
オリーブ油、キャノーラ油などです。

漢方薬は症状だけでなく、体質を見てお薬を選ぶ必要がありますし効果に個人差があります。
漢方薬に詳しい薬剤師・登録販売者にご相談ください。