腰痛(ぎっくり腰、慢性腰痛)

急性、慢性にかかわらず、腰痛のお悩みがある方多いですね。
椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症や内科系の疾患が思い浮かかと思いますが、実際にはその85%は原因不明とされています。
近年の研究ではストレスも原因ということがわかってきています。
内科系疾患である可能性がある場合は、早めに病院で検査してもらうことをお勧めします。

漢方では、
「腎」(泌尿器系、生殖器系)の働きの低下や、「血」や「水」の滞りや量の不足と関係していると考えます。
この状態をよくする漢方薬を用いて、症状を改善していきます。
漢方薬だから長期服用しないと効かないとイメージをお持ちの方もおられますが、軽い症状であれば即効(数時間以内)のお客様もおられます。

加えて、腰痛にならないよう、腰に負担がかからないような生活スタイルも重要です。具体的には、荷物を持つときに腰の位置を高くしないこと、腰を冷やさない(ゆったりお風呂に入る)、軽い体操をするのを心がけるなどです。

よく使う漢方薬

独歩顆粒(どっぽかりゅう)
五積腰痛散(ごしゃくようつうさん)
健康丸(けんこうがん)
疎経活血湯(そけいかっけつとう)
逍遥丸(しょうようがん)
芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)=短期使用限定